MENU

『コラム』

投稿サムネイル
ラグスタ株式会社
2021/09/10

腰が痛い方必見!柔軟性セルフチェック

腰の痛み、そのままにしていませんか?

長時間同じ姿勢でいることにより腰回りの筋肉が固まってしまう事が、痛みを引き起こす原因の1つと言われています。

固まっている筋肉をストレッチでほぐすことによって痛みを和らげる事が出来ます。

「ストレッチをしたいけれど、何をしたらいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

まずは、「どこの筋肉が硬いのか」をご自身で知ることがとても重要となります。

腰回りの柔軟性をチェックして自分に合ったストレッチを行っていきましょう!

前屈

・足を肩幅程度に広げ、手を伸ばし、床を触るように下に身体を倒していきます。

指先から床までの距離を確認しましょう。

腰が痛い方必見!柔軟性セルフチェック
腰が痛い方必見!柔軟性セルフチェック
 

左側の写真は柔軟性がある状態、右側の写真は柔軟性が不足している状態です。

床に手が届かず、腰やもも裏にかけてつっぱり感がある方は、『おしり』『もも裏』の筋肉が硬くなっている証拠です。

また、前屈をしたときに痛みを感じる方は、極度に固まっている可能性があります。おしり・もも裏のストレッチをこまめに行っていきましょう!

後屈

・足を肩幅に広げ、腰に手を当て、後ろに反ります。

腰に痛みのある方は、無理のない範囲で行いましょう!

腰が痛い方必見!柔軟性セルフチェック
腰が痛い方必見!柔軟性セルフチェック
 

左側の写真は柔軟性がある状態、右側の写真は柔軟性が不足している状態です。

腰が反らずに首だけがそってしまう方、つっぱり感がある方は、『前もも』『腸腰筋(下半身と上半身をつなぐ筋肉』が固まっている可能性があります。

前もも・腸腰筋のストレッチを重点的に行っていきましょう!

まとめ

腰痛は、国民病とも呼ばれるほど多く悩まれている方が多い疾患です。

短い時間でもストレッチを行うことで予防・改善をすることが出来ます。ご自身でどこが固まっているのかを把握して正しいストレッチを行っていきましょう!

運動後やお風呂上がりなど、筋肉が温まった状態で1種目30秒から1分行うことが効果的です!

腰痛予防のストレッチを知りたい方はコチラの動画がおすすめです。

     

今回の柔軟性チェックをきっかけに、腰痛だけではなく、今後肩痛や膝関節痛などカラダの不調を予防する為にも、日頃からカラダの状態をチェックしておくことも大切です!

Cittaでは誰でも無料でカラダの状態をチェックできる、【簡単カラダチェク】というものがあります。
AIがカラダの柔軟性や筋力を判定し、改善に向けたストレッチやエクササイズを提案してくれます!

下記ボタンより無料会員登録を行い、腰痛チェックと一緒にご自身のカラダの状態を確認してみましょう!


《Citta協定団体》 (50音順)

《Cittaパートナーズ》 (50音順)