MENU

『コラム』

投稿サムネイル
ラグスタ株式会社
2021/06/10

野球のための股関節強化トレーニング

野球の動作において股関節の柔軟性は必要不可欠です。 しっかりとストレッチを行い、パフォーマンスアップを目指しましょう!

まずは大事な股関節に関与する筋肉とトレーニングをお伝えします。

野球の動作において股関節の柔軟性は必要不可欠です。 しっかりとストレッチを行い、パフォーマンスアップを目指しましょう!

  • 外旋筋
  • 内旋筋
  • 腸腰筋
  • 臀筋、腸腰筋(トーマス)
  • 四頭筋(側臥位)

外旋筋

足を開いたり、バッティングやピンチングの際に踏ん張るために重要な筋肉です。

野球のための股関節強化トレーニング
野球のための股関節強化トレーニング
  1. まず画像の様な姿勢になります
  2. 上に乗せた足を開け、カラダを前に倒します
  3. 20~30秒キープし、逆足も行います

内旋筋

外旋筋同様に踏ん張る際に必要な筋肉です。また、スイング時等に身体を回旋させるためにも重要な筋肉です。

野球のための股関節強化トレーニング
野球のための股関節強化トレーニング
  1. 1.まず外旋筋のストレッチ姿勢になります
  2. そこから画像のように膝を内側に倒します※できるだけ腰が浮かないようにしましょう
  3. いけるとこまで倒し、20~30秒キープ、逆足をも同様に行いましょう

腸腰筋

腸腰筋は走る動作等、股関節を屈曲させる(太ももを上げる)筋肉です。

野球のための股関節強化トレーニング
野球のための股関節強化トレーニング
  1. 図のような姿勢になります
  2. 骨盤を立たせる様に意識し、腰が反らないように前にカラダを倒す
  3. 伸び感を感じているところで、20~30秒キープ、逆足も同様に行う

臀筋、腸腰筋

臀部の筋肉は走る時等、蹴る為にも重要な筋肉です。

野球のための股関節強化トレーニング
野球のための股関節強化トレーニング
  1. まず画像の様に膝を胸に抱えます
  2. 上の足がお尻、下の足が前ももの上を伸ばすイメージで行いましょう
  3. 伸び感が感じられるところで20~30秒キープ、逆足も同様に行いましょう

四頭筋(側臥位)

四頭筋は股関節を曲げる(太ももを上げる)、踏ん張る等野球のほとんどの場面で力を発揮する筋肉です。

野球のための股関節強化トレーニング
野球のための股関節強化トレーニング
  1. まず図のような姿勢になります
  2. 体を丸めながら上の足を後ろに引っ張ります
  3. 伸び感がある所で20~30秒キープ、逆足も同様に行いましょう

まとめ

股関節には臀部(おしり)や大腿部(太もも)等大きくてパワフルな筋肉が関与しています。それらの筋肉がしっかり働き股関節をうまく動かせると走る、投げる、打つ全てのパフォーマンスアップにつながります。 是非、継続して取り組みましょう!


《Citta協定団体》 (50音順)

《Cittaパートナーズ》 (50音順)